【骨粗鬆症を防ぐ】

 

こんにちは。

 

【”着たい服を着る”を叶える】パーソナルトレーニングジムLEAD西宮店代表の小林祐士です。

 

 

早速、話に入っていきますが、

 

【キッズお泊まり運動教室】は

 

対象が小学生です。

 

 

参加される子どもたちの中で

 

女の子も何人かいます。

 

 

これは予想外でしたが、とても嬉しいです。

 

てっきり男の子ばかりになるかなと思っていました。

 

 

ということで本日は

 

「女の子が子どもの頃に運動するのは、とても大切」

 

といった話をします。

 

 

女の子が子どもの頃に運動をする

 

大きな意味としては

 

「骨へのストレス」

 

です。

 

 

女性は男性に比べて、骨粗鬆症になりやすく、

 

閉経後(50歳前後)以降は骨密度の低下が

 

顕著に出やすいです。

 

 

 

骨粗鬆症になってからでは遅く、

 

症状の悪化のスピードを緩やかにする

 

ぐらいの対応しか難しいです。

 

 

で、この骨粗鬆症になるか、ならないかは

 

 

子どもの頃にどれだけ運動していたか

 

どれだけ骨に刺激を与えられたか

 

 

がとても大切になります。

 

 

 

女の子は、外に出て遊ばず、室内遊びが良い。

 

みたいなのはあまり良くないです。

 

 

確実に外で遊んだ方が良いです。

 

様々な運動をした方が良いです。

 

 

将来的に必ず差が出ます。

 

 

少し短いですが、このあたりで終わりにします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

キッズお泊まり運動教室の概要を見る↓

https://hny7s.hp.peraichi.com/

ブログ

前の記事

困ったら鍋を食べる